包茎手術は受けるべきか?真正包茎・仮性方形・カントン包茎

概念にとらわれすぎずに

スムージーは朝食として朝一番に飲むと良いと言われています。

 

グリーンスムージーのように、特に健康や美容の面での効果を期待して飲むのであれば、スムージーを口にする前後30は、胃に何も入れないほうが消化・吸収能力が最大限に引き出されるそうです。

 

スムージーの糖分が頭を、水分が胃や腸を活発に目覚めさせます。

 

スムージーには生の野菜やフルーツを使うので、冷蔵庫に作り置きしたりせずできたてをいただくようにして、空気による酸化や、熱によるビタミンCの変質、酵素活性の低下を防ぎます。カメヤマ酵母では糖質を分解できます!

 

スムージーの材料には、自分で「足りない!」と感じているものを入れるようにします。ビタミンCならかんきつ類やキウイ、食物繊維ならレタスやセロリ、鉄分なら小松菜やブルーベリーも良いでしょう。

 

スムージー作りの大原則として、一般的には乳製品や大豆製品、根菜類は入れないようになっています。

 

特に乳製品や豆乳は、胃腸の粘膜に膜を張ってしまい、その他の栄養素の吸収を妨げる、なんて言われています。

 

とはいえ、体に良いことは確かですから、あまり既成概念に縛られず、長く飽きずに続けることを第一に、自由にスムージー作りをしてみることが良いと思います。