包茎手術は受けるべきか?真正包茎・仮性方形・カントン包茎

産後ダイエット体験

17キログラムを5カ月。

 

これは私が達成した産後ダイエットの数字です。

 

 

 

私は2015年7月に男の子を出産しました。しかし、それまでに17キロも太ってしまったのです。

 

通常、妊娠中に増加してもよい許容範囲は7〜10キロ程度と言われています(妊娠前の体型により違います)。

 

私は標準体型でしたのでまさにこの数字の通りでした。妊娠する前までは、そんなに大きく体重なんて増えないだろうと簡単に思っていました。

 

つわりの時期を乗り越えると不思議なぐらい食欲が増え、甘いものも欲するようになりました。

 

仕事を辞める7カ月までの間にすでに体重は妊娠前のプラス7キロ。私が通っていた病院は体重管理に厳しくなかったのも甘えに繋がったのだと思います。

 

仕事を辞めてからは毎日家にいて時間をもてあまし、毎日のように間食をしてしまい臨月には元の体重からプラス17キロ。

 

そこでようやく出産に至りました。幸い妊娠中毒症もなく安産だったのが救いでした。

 

 

 

出産して5日程で体重を測定するとマイナス7キロ。出産して7キロ減ったとはいえ、あと10キロも落とさなくてはならないことがわかりました。

 

絶望的な数字のように感じましたが、私は母乳育児を選びましたので毎日食事・間食をしても体重は産後2カ月が経つ頃にはマイナス5キロ。

 

この調子で順調に減っていくものだと油断していたらここからが全くと言っていいほど中々減りませんでした。

 

そこで初めて自分の食生活を見直したのです。この頃は、朝昼晩の3色はもちろん他にもチョコレートやスナック菓子、菓子パンなども食べていました。

 

まず、これをなくしました。そして時間を見つけては息子を抱っこひもで抱っこしての散歩。これを週に3〜4回、1時間ほど。

 

散歩は必ずやるというわけではなく、気分転換がてら行っていました。すると月に1〜2キロ程度減少し産後5カ月にはマイナス17キロを達成し、元の体重にも戻ることができました。産後が授乳以外にも慣れない育児の為に体を使い、疲れます。なので無理にダイエットをしようとするのではなく日頃の食生活等を見直すことが大事だと実感しました。現在は妊娠前の体重よりも減らせるように日々の生活を正し、無理のないダイエットを続けています。

産後ダイエット体験関連ページ

私の包茎の悩みについて話します
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。
男子にもムダ毛の処理をして欲しい
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。
昔から永久脱毛には憧れてきましたが
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。
脱毛サロンがかなりおすすめ
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。
EDは治ります
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。
晩御飯抜きダイエット
包茎手術についてのお勉強サイトです。正しい知識を持って包茎に対する考えを身につけましょう。