包茎手術は受けるべきか?真正包茎・仮性方形・カントン包茎

包茎とは

一般的に日本国内で言われている、包茎についてお話ししたいと思います。

 

  • 包皮を引っ張ってもむけないのが、「真性包茎」
  • 包皮を引っ張ればむけるのが、「仮性包茎」

 

では、普段から包皮を被らずにむけているペニスのことを、あなたは何と呼んでいるのですか?僕の場合は小さい頃に、よく「むけチン」などと言い合って、キャッキャlッと喜んで騒いでいた記憶を思い出します。おそらくほとんどの人が僕の場合と同様で、普段からむけているペニスのことを、それぞれ違いがあったりして、特別な呼び名を持たないのではないでしょうか?それはなぜだか分かりますか?それは1番多いパターンだからです、つまり普通のペニスだと思っているからなんです。

 

ちなみにアメリカでは、仮性包茎のことをなんと言うのか知っていますか?特別な呼び名なんてないんですよ。つまり「ナチュラルペニス」と呼ばれているんです。では、むけているペニスのことはどのように呼ぶかというと、「包茎手術をした後のペニス」と言うのだそうですよ。おまけにドイツでは、約8割ぐらいの男性が仮性包茎だと言うことです。日本人も同様に約7割ぐらいの男性が仮性包茎でありますから、世界全体から見ても、4分の3から5分の4位の人が包茎と言うことですね^^


最近、体重が増えてきて、かつてない体のなまりを感じています。例えば、自転車に乗る際の足を上げる動作がままならなかったり、階段の上り下りが辛かったりと、日常生活にじわりじわりと悪影響が出てきているのです。中でも悩まされているのが膝の痛みです。おそらく、体重が増えたことで膝への負荷が今まで以上に掛かるようになっているのでしょう。ちょっと走っただけで、膝が悲鳴を上げるような状況ですし、屈伸した際にも必ずボキボキと骨が鳴る始末です。膝が悪くなると、運動ができなくなってしまい、運動ができなくなると体重が増える、体重が増えると膝が悪くなって・・と、このまま放置してしまうと悪循環から抜け出せくなるのは目に見えており、今のうちからダイエットをしておく必要に迫られました。そこで、晩御飯抜きダイエットを始めることにしました。その名の通り、晩御飯を抜くだけという至ってシンプルなものです。始めた当初は晩御飯を食べれない悲しさといったら、それはそれは辛いものでした。ですが、1週間を乗り切ると、いつの間にか食べないことが当たり前になってきます。また、体重も徐々に減少していきますし、体も非常に軽くて調子がいい。晩御飯抜きダイエットは、最も効果のあらわれやすいダイエットだといっても過言ではなく、なんとか1週間さえ乗り切れれば、驚くほど健康になれますよ。

17キログラムを5カ月。

 

これは私が達成した産後ダイエットの数字です。

 

 

 

私は2015年7月に男の子を出産しました。しかし、それまでに17キロも太ってしまったのです。

 

通常、妊娠中に増加してもよい許容範囲は7〜10キロ程度と言われています(妊娠前の体型により違います)。

 

私は標準体型でしたのでまさにこの数字の通りでした。妊娠する前までは、そんなに大きく体重なんて増えないだろうと簡単に思っていました。

 

つわりの時期を乗り越えると不思議なぐらい食欲が増え、甘いものも欲するようになりました。

 

仕事を辞める7カ月までの間にすでに体重は妊娠前のプラス7キロ。私が通っていた病院は体重管理に厳しくなかったのも甘えに繋がったのだと思います。

 

仕事を辞めてからは毎日家にいて時間をもてあまし、毎日のように間食をしてしまい臨月には元の体重からプラス17キロ。

 

そこでようやく出産に至りました。幸い妊娠中毒症もなく安産だったのが救いでした。

 

 

 

出産して5日程で体重を測定するとマイナス7キロ。出産して7キロ減ったとはいえ、あと10キロも落とさなくてはならないことがわかりました。

 

絶望的な数字のように感じましたが、私は母乳育児を選びましたので毎日食事・間食をしても体重は産後2カ月が経つ頃にはマイナス5キロ。

 

この調子で順調に減っていくものだと油断していたらここからが全くと言っていいほど中々減りませんでした。

 

そこで初めて自分の食生活を見直したのです。この頃は、朝昼晩の3色はもちろん他にもチョコレートやスナック菓子、菓子パンなども食べていました。

 

まず、これをなくしました。そして時間を見つけては息子を抱っこひもで抱っこしての散歩。これを週に3〜4回、1時間ほど。

 

散歩は必ずやるというわけではなく、気分転換がてら行っていました。すると月に1〜2キロ程度減少し産後5カ月にはマイナス17キロを達成し、元の体重にも戻ることができました。産後が授乳以外にも慣れない育児の為に体を使い、疲れます。なので無理にダイエットをしようとするのではなく日頃の食生活等を見直すことが大事だと実感しました。現在は妊娠前の体重よりも減らせるように日々の生活を正し、無理のないダイエットを続けています。

私は中学生時代に自分の陰茎が包茎である事を初めて知りました。

 

当時私は包茎という名前とおぼろげながらその包茎がどの様な状態の陰茎を指すのかはある程度認識していました。

 

中学生時代の私は通常時は包皮が亀頭の一部、もしくは亀頭の全てに覆いかぶさっていても、勃起時に包皮が自然と剥けて亀頭が全て露出する陰茎だったのですが、その状態の陰茎は包茎ではない、と勝手に思い込んでいたのでした。

 

しかし、友人や同級生と包茎についての話をしている内に、自分は仮性包茎という種類の包茎である事が判明したのです。

 

自分の陰茎が仮性包茎であるという事実を知った時にはとてもショックでした。

 

私は当時中学生で思春期の真っ盛りでもあったので、とにかく自分の陰茎が仮性包茎である、というだけで恥ずかしくて仕方が無くなる気分になってしまっていたのです。

 

そして自分の陰茎が仮性包茎である事を知った瞬間から私は日常生活の色々な場面において、特に人前で自分の陰茎を晒す銭湯や部活動の着替え、部活の合宿や修学旅行、林間旅行などで「見栄剥き」と呼ばれる行為である陰茎を晒す前に自分でパンツの中で包皮を剥いて亀頭を露出させる行為を行い、自分の仮性包茎が人にばれない様にしていたのです。

特に男性だと気にされている方が多い悩みでもあるのが、「勃起障害(ED)」ではないでしょうか。しかし、この症状は一定期間の間だけの方もおられれば、中には病気によってそのような症状になってしまわれる方もおられますので、まず気を付ける必要がある点は、どんな事があっても勃起しない状態を責めたりしないマナーが必要ではないかと思いますし、何よりご本人が一番コンプレックスに思われているのではないでしょうか。

 

実際に、「勃起障害(ED)」の症状ではない男性でも、緊張してしまったときには誰でも勃起しなかった経験を幾つかお持ちのはずですし、そうだからと言ってその方を否定する必要もありませんから、精神面での対応を心掛けながら、じっくりその症状と向き合う事で、少しずつでも改善していかれると聞いたりしますし、それでも治らない方は泌尿器科で検査をされて医師に相談されてみるのも良いかと思いますので、何もEDだからと言って自信を無くす必要はないと思いますので、まずはその症状のある方に適応した対処を取ってもらいたいとも考えているのですが、どうしても男性の本音の気持ちは女性には伝わり難いものでもいますから、そのような症状をお持ちの方と出会った女性にも気を遣って頂きたいと思います。

メンズ脱毛がいまではかなりの人気をあつめています。

 

とくに脱毛サロンにおけるメンズ脱毛が人気をあつめているといえるでしょう。

 

やはり、ムダ毛を気にする男性が増えているというわけです。

 

とくにヒゲが多いですね。

 

ヒゲの脱毛なら、専門のサロンがおすすめです。

 

 

 

さらに、脱毛サロンでの施術も、かなり安くなっています。

 

ですから、なるべく安く施術を受けたい、というふうに考えていたひとにはかなりおすすめだというわけです。

 

さらに、これまでは脱毛というのは痛みが強かったために敬遠された部分もありました。

 

しかしながら、いまではだいぶその痛みという問題もすくなくなっているといえるでしょう。

 

 

 

ですから、なるべく痛みをおさえて施術を受けていきたい、というふうに考えているひとにもかなりおすすめだといえます。

 

さらに、最近ではダメージもすくないことでしられています。

 

なので、肌へのダメージを最小限におさえて脱毛をしていきたい、というひとにはかなりおすすめです。

 

 

 

これらは、やはりフラッシュ脱毛の技術が進歩しているためだといえるでしょう。

 

これまでは、やはりニードル脱毛などで、なかなかに痛みが強かったり、ダメージが強い施術が多かったわけです。

 

しかしながら、フラッシュ脱毛はかなり痛みがすくなく、ダメージがすくないのでおすすめです。

私は中学・高校と水泳部だったんですが、仮性包茎の私は結構恥ずかしい思いをしたのを覚えています。水泳部に入部するとみんな最初は恥ずかしがってタオルを巻いて着替えますが、慣れてくるとそんなことはしなくなります。しかし周りの先輩たちはみんな皮がむけている人が多く驚きました。同級生たちも学年が上がっていくにつれて皮がむけてる人が増えていきましたが、私は高校を卒業するまで仮性包茎のままでした。

 

大学に入学すると部活には入部することはありませんでしたが、包茎のことでちょっと悩んでいました。たとえば大学の友人と温泉に行った時も、包茎の人って少ないんです。日本人男性の6〜7割は仮性包茎だといわれているのに、なんでだろう・・・と思いました。

 

そんな私にも20歳になったころに彼女ができました。しばらく付き合って、いよいよエッチということになったんですが、初めてエッチするときが一番緊張しました。「包茎のことをバカにされたらどうしよう・・・」とそればかり気にしていたのを覚えています。しかし彼女はそのことは別に何も言いませんでしたので一安心でした。それ以降は包茎のことをあまり気にしなくなり、現在に至っています。

続きを読む≫ 2014/09/06 14:52:06 性病体験談

昔から憧れていた事といえば、永久脱毛でした。そんな女性って少なくないかと思いますが、昔はそんな脱毛を受けるにはありえないような大金がかかるのが普通でしたし、針脱毛が主流だったので激痛で当たり前だったので私には無理だ、と諦めていました。
しかも、針脱毛というのは肌へのダメージがかなり大きいものですから、肌が弱い方は絶対無理だと言われていたのです。

 

ですが、近頃では脱毛サロンでのフラッシュ脱毛でも、繰り返し施術を受けていれば次第にムダ毛がなくなっていき、どんどん生えにくく、ツルスベ肌に近づいていくことができます。
永久脱毛とはいかなくても、半永久脱毛くらいならば脱毛サロンでも可能かもしれません。
なんといっても脱毛サロンでは僅かな料金で施術できますし、お肌へのダメージが少ないので安心して施術を受けることができるのが嬉しいですよね。

 

ですが、もっと強力な脱毛効果を得たいという方におすすめなのが、レーザー脱毛です。
針脱毛と比べると痛みが小さく、お肌への負担も小さい事で知られていますが、フラッシュ脱毛に比べるとまだ痛みは強いとも言われています。ですが、クリニックだけで受けられる脱毛なので、笑気ガスなどによって痛みを減らすことが可能です。

人によって異性の好みは違ってくると思いますが私は女性として、きれいめで、清潔感のある男子が好きです。
今まで付き合ってきた人もみんなそうでした。
もちろん男友達の中には男らしい感じの人もいますが、そんな人は友人に離れても彼氏にする事には抵抗があります。
それはきっと私の父親も清潔感のある人だからかもしれません。私の父親は男性にしては珍しく足のすね毛などもほとんど
生えておらずムジャムジャした男くささとは無縁です。
それで私としては彼氏になる人にもそうであって欲しいと本能的に願っています。
女性からしたら信じられないくらい男性はいたるところに毛が生えています。そして女性のようにムダ毛の処理をするわけではないので
ムダ毛がボウボウになっていて思わず目を背けてしまいます。たしかに男子でムダ毛の処理をしているのはいようかもしれませんが
つるつるにするのは難しいにしろ少し考えて欲しいです。
私の中での男子の毛で許せるか許せないかの基準はハーフパンツがきちんときれい目に着こなせるかどうか?という点です。
あまりにもすね毛がボウボウですといくらおしゃれなハーフパンツをはいてもきれいには全く見えず、おしゃれなショップや
カフェには一緒に行く気がなくなってしまいます。
それで私は男子にも人前に出る時はそれなりのムダ毛の処理をして欲しいと思っています。
ちなみに1番人気あるメンズ脱毛サロンは、キムタクがモデルで人気の『ダンディハウス』です。気になる方はカウンセリングを受けてみましょう!

中学に入学した春、初めての夢精を経験し、性的な事ににどんどん興味が湧き始めた10代前半から、私はずっと包茎に悩んでいたました。中学の修学旅行の際は、包茎の愚息を見られたくない余り、皆に冷やかされながらも、必死でタオルで隠していたほどです。

 

高校に入学して間もなく、人生で初めての彼女が出来たのですが、包茎のことを知られたくない余り、キス以上の深い関係になることができませんでした。

 

地元の高校を卒業後、東京の大学へ進学したのですが、貧乏学生だったため風呂付の部屋に住むことができず、毎日銭湯に通わざるを得ませんでした。その際も、自分の腰にタオルをピッタリと巻き付けて入浴していたことを昨日のことのように思い出します。

 

梅雨時期や夏場になると、どうしても発汗量が多くなり、包茎による炎症「鬼頭包皮炎」になってしまいました。特に、皮と鬼頭の間に溜まった恥垢(カス)が異様な臭いを発し始め、愚息が赤く腫れ上がってきたり、痒みや痛みが出てきた時は最悪でした。また、包茎のため皮の内側に細菌が溜まり易かったのでしょう、「尿路感染症」という病気になったこともありました。

 

当然、彼女が出来ても、性的関係に持っていく勇気が出ず、いつも悲しい別れを余儀なくされていました。

 

私にとって包茎とは、百害あって一利なしの苦い思春期の思い出です。

続きを読む≫ 2014/07/06 00:44:06 性病体験談

早漏は男性にとっては本当に深刻な悩みですね。
性のコンプレックスはSEXレスを助長しパートナーとの仲にまで影響を与えてしまいます。
それどころか男性としての自信を失ってしまうケースも少なくありません。
しかしきちんと対処すれば改善できることをご存知でしょうか。
自分自身を早漏だと思っている男性はなんと50%以上もいるんだとか。
たくさんの方がこの悩みを抱えているんですね。

 

早漏とは性行為で男性があまりにも早く射精してしまうことを言います。
問題なのは挿入時間が短い・射精までの時間が短いということではなくて射精のコントロールがうまくいかないことにあります。
射精をコントロールする方法で『セマンズ法』というものがあります。

 

まずはパートナーに陰茎に刺激を与えてもらいます。
そして射精しそうになったら刺激を中断し、射精感が弱くなったらまた刺激をするというのを4回繰り返します。
そして4回目の射精感で実際に射精をするというものです。
何度もやってうまくいくようになったら実際に膣への挿入をし、同じように3回射精しそうになったら動きを止めて射精感を弱めて4回目で射精しましょう。
最初に挿入するときの体位は女性上位が良いとされていて、慣れてきたら他の体位で行うようにしましょう。
これがセマンズ法です。
続けることでだんだんと射精のコントロールができるようになってきますよ。

続きを読む≫ 2014/06/17 21:46:17 性病体験談